自分で海に散骨する場合

自分で海に散骨する場合の注意点

散骨とはでご説明した通り、現在、日本において散骨を規定する法律はなく、節度を持って行う事は違法ではありません。しかし・・

散骨で風評被害?


風評被害の言葉を耳にします。例えば、近所に新しく葬儀式場や霊園が建つといったケースにも必ずと言って風評被害の言葉が出てきます。いつかは自分もお世話になるかもしれない物でも、今現在関わりがなければどうしても自分の感情が先立ってしまうわけです。同じく散骨にあたっても被害を感じる人がいるという事実があれば、それを無視する事は出来ません。

さて、ご自身で海に散骨する場合、自分で船をチャーターして沖に出るには費用の面は勿論の事、協力してくれる船会社や船のオーナーを探す事も容易ではありません。
しかし、実は船で沖に出なくても、砂浜からでも堤防からでも散骨は可能で違法ではありません。(但し粉骨状態には必ずしなければいけません)

自分で海に散骨をする場合の注意点をネット上で色々と見てみると???


海水浴場の近くはNG、釣り人が多い所ではNG、観光地などはNG、喪服での散骨はNG、などさまざまな事が書いてあります。そうです、風評被害で訴えられる可能性があるからという理由です。

そこで、沖に出て散骨を行ってくれる「業者」に依頼して頂く訳ですが、業者が船で沖に出ればそれで良いのかというと実は決してそういう訳ではありません。沖には沖で、漁船もありますし、釣船で釣りを楽しんでいる一般の方々もいらっしゃいます。そうした漁師さんや釣り船オーナーさんが被害を感じれば、それは陸地から散骨をするのと全く同じ事なのです。

大切な事は、他人がそれを見てどう思うのかを考え、なるべくなら人目を避け、集団で喪服といった目立つ服装をしないといった立ち振る舞いをする「思いやり」が重要というです。

本来、認められている散骨という葬送も、人目を避けると聞くとどこか違法な事に感じますが、それはこれだけ多くの人が散骨に興味を持っているにも関わらず、まだ市民権を得ているとは言えない葬送の方法だからなのです。

今後も日本では散骨という葬送の方法はさらに認知度を高め増加していくと思いますが、散骨を行う各々がマナーを重視し、故人様が喜んでくれるような素敵な散骨にする事でこの素敵な葬送を守っていく必要がある思います。

「節度を持って行う散骨」とはルールを守る事も当然そうですが、最高のルールである「マナー」を重視して行う事なのだと考えます。

故人様が喜んでくれるような素敵な散骨にして頂ければと思います。

いつの日か、ご自身で散骨をお考えの方はどうぞ。
当社の粉骨サービスは全骨殺菌処理・真空処理
自宅保管にも違和感のない和紙化粧箱仕上げでお届け致します。
「さまざまな理由により、自分で散骨に行けない方はみらい散骨が
代わって散骨致します」
みらい散骨では故人様の尊厳を守るべく丁寧な作業と、
信頼を重視する確実な散骨を低価格で行っております。

みらい散骨

東京湾代行散骨

家族チャーター散骨

散骨のみサービス

お申込み方法

散骨とは

散骨業者選びのポイント

自分で海に散骨する場合

メールによるお申込みはこちら

会社概要

恵心堂

PAGE TOP